2013年08月24日

Kindle に Mac 内の MP3ファイルをコピーする


 去年のクリスマスに子どもたちにプレゼントした Kindle Fire.

 末っ子は Kindle をどこかになくしてしまいましたが,上の2人はまだ喜んで使っています.

 娘から Kindle Fire で音楽を聴きたいというリクエストがあったので,どうやったらデータを Kindle にコピーできるか調べてみました.

 見つけたのは "Android File Transfer" というソフトウエアです.

 http://www.android.com/filetransfer/ からダウンロードできます.

Android_File_Transfer_kindle.png


 インストール後,Kindle 内に MP3 ファイルをコピーできました.

 とても便利なソフトです.


関連ページ

アメリカガジェット アメリカのパソコン 日本語などの設定
 http://usajpn.com/gadget/

2013年08月23日

Mac 用 Open Office 4 に PDFファイル読込拡張機能をインストール

 
 Mac に Open Office 4 をインストールして,PDF を読み込む拡張機能を入れました.
そのメモです.

 環境は,MacBook White Mc516J/A (8GB メモリ,960GB SSD)に Mac OS X 10.6.8 です.


 最近,Open Office 3 から Open Office 4 へ入れ替えました.
openoffice4_mac.png

 Mac では Microsoft Office 2011 の3ライセンス版(Home, 安売りで$95 くらい)を使っていますが,たまに,Linux (Cent OS)の Open Office で作成したファイルを開く時などに,Open Office を使うことがあります.


 Open Office では拡張機能を入れることで PDF ファイルを読み込み編集できていました.
その拡張機能は,
http://extensions.openoffice.org/en/node/17351
のリンクの
http://code.google.com/a/apache-extras.org/p/aoo-pdf-import/wiki/Downloads
からダウンロードできます.
openoffice4_pdf_mac_1.png


 拡張機能は,Open Office の上のメニュー「ツール」の「拡張機能マネージャー」を選択し読み込めます.
openoffice4_pdf_mac_2.png

openoffice4_pdf_mac_3.png

openoffice4_pdf_mac_4.png


 実際に PDF ファイルを読み込みましたが,フォーマットがずれたりして,実際これを編集するのはつらかったです.

 少なくても読み込んで編集できるという感じです.


関連ページ

MacBook White の情報
http://usajpn.com/gadget/mac_book_white.php

2013年08月17日

MacBook White の内蔵ディスクの交換とOSの再インストール SSD MC516


 MacBook White で使っていた 520GB のSSDがいっぱいになったので,960GB のSSDに交換しました.

 交換候補は 1TB クラスでしたが,Crucial の960GB の SSD が容量あたりの費用が安かったので,そちらにしました.

 そのメモです.


必要な工具

ドライバー(3種類)
 (1) プラス 裏ぶたを開けるため(ネジ 本)
 (2) プラス 内蔵ディスクを本体の固定するネジ(2本)用
 (3) 星型  内蔵ディスクを固定するため(両脇2本,計4本)


注意すること
 ドライバーはネジに良く合う大きさのものを選択します.
 ネジに合わないドライバーで力を入れてねじるとネジの切れ目部分が壊れ,その後,ネジに合うドライバーを利用してもネジを外せなくなる可能性があります.


準備するOSインストール用ディスク
 付属していた DVD.
 同機種のDVDであれば日本版 MC516J/A,アメリカ版 MC516JJ/A どちらでも大丈夫.
 アップグレード版,他機種用 DVD だとインストール不可


作業の流れ

(1) 内蔵ディスクの交換

(2) DVDから Mac OS のインストールを起動

 付属DVDからインストール必要あり
  他のモデル用の DVD,アップグレード DVD は受け付けない.
  少なくとも同モデルのインストールディスクが必要(アメリカ発売版でも大丈夫)

 もし誤ってインストールできないDVD を入れてしまった場合,「イジェクトキーを」押しながら起動することによりディスクの排出が可能.

(3) ディスク Utility で内蔵ディスクをフォーマット
 これを行わないと,インストーラーが内蔵ディスクのインストーラー先として認識しません.

(4) OSのインストール

(5) OSアップデート,アプリケーション,データのコピー

 元の内蔵ディスクを外付け USB ケースに入れ,USB接続で MacBookに接続.

 「このMac の別ボリュームから移行」により,全アプリ,データが元と同じように同期されます.

(6) システムの更新(重要なシステムアップデーター)
 Software Update を行うことで,最新OSしか対応していない iMovie iPhoto が利用可能になります.



以下,流れを写真で紹介します

写真をクリックすると拡大写真になります.

 960GB の SSD.Newegg で1TBクラスで一番安かった SSDです.
macbook_mc516_ssd_change_01.jpg

 SSD は厚さは 7mm.9mmの厚さにするブラケット付属です.
 MacBook ではSSDの横のねじで固定するのでブラケットをつけなくて良いのですが,私の場合つけました.
macbook_mc516_ssd_change_03.jpg

 ブラケットを装着したSSD.
macbook_mc516_ssd_change_04.jpg

 これから分解です.
 ネジは上下各4カ所,計8カ所外します.
macbook_mc516_ssd_change_05.jpg
 裏蓋は大分汚れています.
 ebay オークションで裏蓋新品・ねじ付きが$17くらいで売られていますが,使っているうちにまた汚れると思うのでそのまま使っています.
 
 ネジを外してふたを取ります.特に強くくっついているところは無いので,裏蓋をはがすように外して大丈夫です.
macbook_mc516_ssd_change_06.jpg

 今まで使っていた SAMSUNG の500GB SSD.
 ディスクの止め棒(黒,ネジ2カ所)を外し,ディスクを取り出します.
macbook_mc516_ssd_change_07.jpg
 SSD は良く壊れるので(私の会社では20個のSSDのうち,2年以内に50%くらいが読み書き不能になっています),あまり必要をかけたくないのですが,やっぱり大容量が便利です.
 SSD にしてもデータは定期的に外付けディスクにバックアップをとりことをおすすめします.

 ディスクのケーブルをゆっくり外します.
macbook_mc516_ssd_change_20.jpg

 SSDの当横に2個ずつ星形のネジが止められています.これを外し,新しいSSDに付けます.
macbook_mc516_ssd_change_08.jpg

 SSD を装着し,その上からディスク止め棒を固定します(ネジ2カ所).
macbook_mc516_ssd_change_09.jpg

 新しく装着されたSSDです.
macbook_mc516_ssd_change_10.jpg

 裏ぶたを戻したら,OSのインストールです.

 DVDを入れて起動したら,まず,「ディスクユーティリティ」を起動します.
macbook_mc516_ssd_change_11.jpg

 装着したSSDをフォーマット.MacOS 用でジャーナリング ON のフォーマットを行います.
macbook_mc516_ssd_change_12.jpg

 フォーマットは1分ほどで終わります.
macbook_mc516_ssd_change_13.jpg

 続いて Mac OS X のインストールを行います.
 インストール先をフォーマットしたSSDにします.
macbook_mc516_ssd_change_14.jpg

 インストールは30分くらいかかります.
macbook_mc516_ssd_change_15.jpg

 インストールが終わったら,元のディスクから情報を全て転送すると,ほぼ前の状態の環境に戻ります.
 アプリケーション,データともに転送してしまえば,再インストール,再コピーする必要は全くないです.
macbook_mc516_ssd_change_16.jpg
 データ量によりますが,この転送には私の場合6時間ほどかかりました.

 データ転送が終わり起動したら,OSのアップデートを行います.
macbook_mc516_ssd_change_22.jpg

 OSをアップデートしないと,iPhoto, iDVD とか,最新のOSに対応したものが動作しません.
macbook_mc516_ssd_change_24.jpg

 以上で,ディスクの置換,環境の移行終了です.
 Macのディスク交換は,全アプリケーション,データが元の状態に復元できるので,とても簡単です.


 最後に,新しくディスクを入れ替えると,全ファイルのスキャンが行われるので,しばらくCPU 負荷が高くなります.これは必要なファイルを探すとき役立ちます.

 もし不要であれば,「システム環境設定」の Spotlight プライバシーで検索をかけたくないディスクやフォルダを登録するとスキャンをしなくて済みます.



関連ページ

MacBook White の情報
 http://usajpn.com/gadget/mac_book_white.php